助成金情報 vol.142
pdf_logo

発信:東久留米市ボランティアセンター(ファックス042-476-4545) H31/5/20
本会に入る助成金情報から、大枠の情報のみ抜き出しています。
各助成団体のHPや募集要項などで、必ず詳細を確認してください。

【TOPICS】
■概要 助成団体名
1.概要 助成団体名
 ①公益財団法人 楽天 未来のつばさ 「プロジェクト支援(団体向け支援事業)」
 ②公益財団法人 ユニベール財団 「自然災害支援プログラム」
 ③ファイザー 株式会社 
 「ファイザープログラム 心とからだのヘルスケアに関する市民活動・市民研究支援」
 ④公益財団法人 みずほ福祉助成財団 「2019年度 社会福祉助成金」

■助成事業概要
情報①名称  プロジェクト支援(団体向け支援事業)/公益財団法人 楽天 未来のつばさ
○助成対象事業
・児童養護関連プロジェクトで、そのテーマや内容が子どもの権利擁護、子どもの最善の利益に資するものであること。
・児童養護関連プロジェクトに於いて、そのプロジェクトの計画性及び方法が目的を達成するために適切で、
 かつ支援によりプロジェクトの効果が十分発揮できると認められたものであること。
・当該支援プロジェクトは、営利を目的としないものであること。

○助成対象団体
支援を受けようとする団体は、日本国内における児童養護関連団体で事業計画に従って遂行に足る能力を有する団体であり、
また、それを過去の実績等で証明できること。申請は1団体、1プロジェクトとする。また原則2年連続の助成は行わない。

○受付期間 
前期 2019年4月1日(月)~2019年5月31日(金)必着
後期 2019年9月2日(月)~2019年10月31日(木)必着

○申請書類
支援を希望する団体は、所定の「支援交付申請書」に申請に必要とする書類を添えて申請する(申請書類の返却はいたしません)。

○助成金額
前期:30万円(上限) 交付件数6件…当年度実施プロジェクトに限る
後期:10万円(上限) 交付件数6件…当年度または来年度実施プロジェクト

○問合せ
〒103-0001
東京都中央区日本橋小伝馬町16-5 
新日本橋長岡ビル4階
公益財団法人 楽天 未来のつばさ
TEL:03-5642-7890 FAX:03-3249-7870

○備考
この支援事業の主旨に賛同し、支援を要望また資金交付を希望する団体は、事務局までお問い合わせください。
申請可能と判断された団体に申請書様式が送付されます。
詳細はホームページ(https://mirainotsubasa.or.jp/institution/outline/)にてご確認ください。

情報②名称 自然災害支援プログラム/公益財団法人 ユニベール財団
○助成対象事業
近年、東日本大震災や熊本地震、さらには日本列島の各地で豪雨や地震などの自然災害が相次ぎ発生しております。
被災後の仮設住宅や復興住宅、あるいは転居先での生活再建の課題とともに、
被災した方々の”こころのケア”の必要性が指摘されています。
被災者に寄り添い、心の奥からこぼれ落ちてくる思いを受け止め、自立を見守り続けるサポート役として、
”傾聴ボランティア”に期待が寄せられ、その果たす役割に大きな注目が集まっています。
日本各地で、こころのケアのための傾聴ボランティア活動を行っている団体に助成致します。

○助成対象団体
特に次の①または②に該当する団体を助成対象とします。
①被災地でこころのケアのための“傾聴ボランティア”として活動をしている団体 
②被災地から県外に避難を余儀なくされた方々を対象に、こころのケアのための“傾聴ボランティア”として活動をしている団体
ただし、次の二つの条件を満たす団体を対象とします。
i) 応募に際して、地元社会福祉協議会の推薦を得ること。
ii) 団体として、既に一年以上の活動実績があること。

○受付期間 
2019年7月31日(午後5 時必着)

○申請書類
当財団所定の申請書(https://www.univers.or.jp/)に必要事項を記入の上、当財団宛ご送付ください。
(紛失等のトラブルを避けるため、なるべく書留や宅配便でお送りください)
なお、ご提出いただいた申請書はご返却致しかねます。

○助成金額
最長3年間。
原則として年50万円を上限としますが、助成額については活動内容および規模により査定をさせていただきます。
継続助成につきましては、経過報告を重視して決定致します。

○事業実施期間 
お問い合わせください。

○問合せ・申込み先 
〒160-0004 
東京都新宿区四谷2-14-8 YPCビル5階
公益財団法人ユニベール財団
TEL: 03-3350-9002  FAX: 03-3350-9008
Email:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

○備考
詳細はホームページにてご確認ください。

情報③名称  ファイザープログラム 心とからだのヘルスケアに関する市民活動・市民研究支援/ファイザー株式会社
○助成対象事業
助成の対象となるプロジェクトは、「心とからだのヘルスケアに関する市民活動および市民研究」です。
「プログラムの趣旨」に従い、主に中堅世代を対象とした人々の社会生活をより豊かにするための取り組みを応援します。
特に、以下の点を重視し、市民や患者・障がい者の立場や視点からの柔軟な発想による新規のプロジェクトを期待しています。
(1) 「当事者性」「専門性」「市民性」を尊重した取り組み
(2) 既存の公的制度や施策では実現することが難しい取り組み
(3) 就労を始めとする社会参加を目指した取り組み

○助成対象団体
下記の要件を満たした団体に限ります(個人は対象となりません)。
① 民間の非営利団体であること(法人格の種類や有無を問わない)。
② 市民や患者・障がい者が主体的に参加して活動する団体であること。
③ 日本国内に活動拠点があり、原則として2年以上の活動や研究の実績があること。
④ 目的や活動内容が特定の政治・宗教などに偏っておらず、反社会的勢力とは一切関わっていないこと。
* 適用法令・医薬品業界内ルール・弊社社内規程などに照らして不適格と判断される場合や、
弊社ビジネスへ有利な影響をもたらす可能性があると判断される場合には、助成対象とはなりません。この点、予めご了承ください。

○受付期間 
2019年6月3日(月)~6月17日(月)【必着】

○申請書類
ファイザー株式会社のウェブサイトからダウンロードしてご利用ください。
https://www.pfizer.co.jp/
新規助成を受けた団体は継続助成への応募が可能で、毎回の選考を経て助成を決定します。
新規助成を含め、最大3回までの助成が可能です。
* 現プログラムでの継続助成は、2020年度(助成期間:2021年1月~12月)および2021年度(助成期間:2022年1月~12月)の実施で終了します。

○助成金額
1件あたり50万円~300万円。今年度の総額は1,500万円です。

○事業実施期間 
2020年1月1日から12月31日までの1年間とします。

○問合せ・申込み先 
〒103-0012
東京都中央区日本橋堀留町1-4-3 日本橋MIビル1階
特定非営利活動法人市民社会創造ファンド ファイザープログラム事務局 担当:山田・坂本
TEL:03-5623-5055(月曜日~金曜日(祝祭日をのぞく)10:00~17:00)
FAX:03-5623-5057
E-mail:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

○備考
詳細はホームページにてご確認ください。

情報④名称 2019年度 社会福祉助成金/公益財団法人 みずほ福祉助成財団
○助成対象事業
⑴日本国内に於いて行う障害児者の福祉向上を目的とする事業及び研究。
このうち事業助成は、必要な機器等の物品及び車輌の購入費、設備工事費や障害児者への理解を深める活動(講演会、研修会など)等に必要な費用を対象とします。
⑵明確な企画(目的、内容、資金使途等)と具体的な計画に基づく単一の事業及び研究であること
(㊟ 申込案件は一つに絞り込んで下さい)
⑶対象外となる案件及び助成金使途(㊟ ①~④は事業・研究共通、⑤は研究助成のみ)
①経常的に発生する運営費(賃借料、光熱費他)
②事業並びに研究に係わる人件費
・事業:助成事業に係わる人件費、謝金等(㊟ 第三者に対する謝金は除きます)
・研究:研究会メンバーに対する報酬と見做される費用(調査費、原稿料など)
費用の名称にかかわらず対象外とします
③助成決定以前に着手または実施する案件
④公的補助や他の民間助成団体の助成を受ける案件
⑤研究助成では、前記①~④に加えて次の使途が対象外となります。
・研究終了後も使用できる物品や備品の購入費
(例)パソコン及び周辺機器、(ビデオ)カメラ、ICレコーダー、電子文具等
・パソコンソフトウェア ・飲食費
・シンポジウムや研究成果を発表する学会等の費用(参加費、交通費等)

○助成対象団体
(1)事業助成
日本国内に於いて3年以上の継続した活動実績がある非営利法人(下記)、
任意団体、ボランティアグループを対象とします。
・社会福祉法人 ・特定非営利活動法人 ・公益社団法人
・公益財団法人 ・一般社団法人 ・一般財団法人
(㊟一般社団法人、一般財団法人は、非営利型法人の要件を充足していることが必要です)
(2)研究助成
上記⑴の先及び日本国内の研究グループ(但し、構成員が5人以上であること)
(3)対象外となる先(事業助成、研究助成共通)
・株式会社等の営利法人 ・個人
・過去3年間(2016年度~2018年度)に当財団から助成を受けた先
(㊟施設単位ではなく、法人・団体単位となります)

○受付期間 
(1)事業助成:2020年6月末までに事業を完了し、完了報告書等を提出すること
(2)研究助成:2020年12月末までに研究を完了し、研究報告書及び完了報告書等を提出すること

○申請書類
所定の申込書(☞ 財団ホームページからダウンロードして下さい)に必要事項を入力(申込書のPDFに直接入力できます)した後に印刷し、後記⑵の資料を添付して提出下さい。申込書は2枚(申込先概要1枚、申込案件概要1枚)に収まるよう記載下さい。
※公平性を期す為、送付は郵便または宅配便に限ります。当財団への直接持参や電子メール及びFAXによる申込は受付致しません。

○助成金額
(1)今年度の助成金は、総額3,300万円を予定しております。
(2)事業助成、研究助成共に、助成額は事業(研究)総額の90%以内、且つ下記金額の範囲内とします。
(3)事業助成:1件当りの金額は20万円以上100万円を限度とします。
(4)研究助成:1件当りの金額は100万円を限度とします。

○事業実施期間 
2019年7月5日(金)(当日消印有効)
なお、締切日以降の申込は一切受付致しません。

○問合せ・申込み先 
〒100-0011
東京都千代田区内幸町1-1-5
みずほ銀行内幸町本部ビル
公益財団法人みずほ福祉助成財団 事務局

○備考
詳細はホームページ(http://mizuhofukushi.la.coocan.jp/)にてご確認ください。

※ 申請にあたり、関係機関の推薦が必要な場合があります。推薦文の依頼は締切りに十分な余裕を持って
(遅くとも締切の10日前までに)お願いします。
※ 配信先の変更や配信停止のご連絡はこちらにお願いします。  

東久留米市ボランティアセンター このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 FAX042-476-4545