令和2年8月28日(金)午前9時頃、当会事務局内のパソコンが、コンピュータウイルス「Emotet(エモテット)」に
感染していることが判明しました。

感染に伴い、過去に当会とやり取りのあった宛先に、当会職員になりすました不審なメールが送信されています。

メールの送信の対象となりました皆様には多大なご迷惑をお掛けしましたことを、深くお詫び申し上げます。

本件の経緯について、以下のとおり報告いたします。

経緯

令和2年8月28日、当会職員が過去に当会内でやり取りをしたメール本文を複数受信。内容を確認したところ、
当該メールは当会職員が発信したものではなく、当会職員になりすましたメールであると判明いたしました。
また、関係者、関係機関からも当会職員を装ったメールが送信されているとの連絡が入りました。

当会職員の全パソコンのウイルス検査を実施し、1台がコンピュータウイルス『Emotet』に感染したことを確認
しました。

当該パソコンはネットワークから切り離し、ウイルス除去を行いました。

また、現時点で、当該パソコン以外の端末やシステムへのウイルス感染は確認されておりません。
なお、当日中に当会全メールアドレスのパスワード変更を行いました。

当会及び当会職員を名乗る不審メールを受け取られた方へのお願い

当会からのメールを受信した場合には、送信元のメールアドレスを十分にご確認ください。
当会から送るメールは全てドメインが「@higashikurume-shakyo.or.jp」となっております。

また、不審なメールに添付されたファイルや本文に記載されたURLについては、開かず削除するよう
お願いいたします。

コンピュータウイルス「Emotet」(エモテット)について

メール本文に記載されたURLや添付ファイルを開くと感染し、感染したパソコンのメール情報を抜き取り、
実在のメール内容をそのまま利用したメールを送りつけ、拡散を続けるウイルスです。

その他、Emotetの詳細については、独立行政法人情報処理推進機構のサイトをご覧ください。

万一、メール上のURLや添付ファイルを開いた場合は、一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンターの
情報をご覧の上、お手数ですがご対応をお願いいたします。


独立行政法人情報処理推進機構

『「Emotet」と呼ばれるウイルスへの感染を狙うメールについて』

https://www.ipa.go.jp/security/announce/20191202.html(外部サイト)

一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター

『マルウエアEmotetへの対応FAQ』

https://blogs.jpcert.or.jp/ja/2019/12/emotetfaq.html(外部サイト)