緊急事態宣言の延長等に伴う経済支援策として、新型コロナウイルス感染症の影響により減収・休業や失業された方に対し、

総合支援資金(特例貸付)の再貸付を実施します。

【再貸付の対象となる世帯】

次の要件をすべて満たす世帯

ア 新型コロナウイルスの影響による減収・休業や失業等により、現在、生活困窮状況にあること

イ 令和3年8月末までに、緊急小口資金(特例貸付)及び総合支援資金(特例貸付)の送金が終了(予
  定も含む)すること

  なお、8月末までに緊急小口資金(特例貸付)の送金を受けられない場合は、お問い合せください。

ウ 自立相談支援機関での相談や継続的な支援を受けること

【貸付対象外について】

・新型コロナウイルスによる減収と認められない場合(就職できない場合等)

・また、自発的(自らのコロナ感染を避けるため)に休職や離職している場合

・給与遅延等により、減収が今後発生する見込みといった場合で、申請時点で減収確認できない場合

・自己破産手続き中の方

・生活保護を受けている方

NEW!

【申請受付締め切り】※延長しました

 ・令和3年8月31日(火) ※必着

【申請方法】

・手順

1)貸付制度の内容を確認し、申請書類を準備、作成する

 【申請書類の入手方法】以下のいずれかを選択

 ①東京都社会福祉協議会のホームページから様式をダウンロード

 ②東久留米市社会福祉協議会に電話で様式の送付を依頼

  ※様式依頼先電話番号 042-420-9294

2)必要な添付書類をそろえる(住民票や通帳、本人確認書類のコピーなど)

3)書類がすべて整ったか確認する

  ※必要な書類に記入漏れがないか、添付書類に不足がないか、よく確認してください。

   書類がそろわないと貸付できません

4)申請書類を送付する

  東久留米市社会福祉協議会へ郵送(記録の残る書留やレターパックなど)で送付してください。

※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、郵送での受付とします。

 申請をスムーズに行うためにもご協力をお願いします。

 窓口に直接来所されましても、書類をお預かりするのみの対応となります。

※送料に不足が生じた場合は受け取りません。

また、書類の到着確認に関する問い合わせには回答いたしませんのでご了承ください。

 ○申請書類送付先

  社会福祉法人東久留米市社会福祉協議会 総務担当

  〒203-0033 

  東久留米市滝山4-3-14 わくわく健康プラザ2階


【ご注意】

・申請の際は、同封の書類一式の内容を良く読み、必要書類に記入漏れがないか、

添付書類に不足がないかご確認くださいますようお願いします。

・この制度は貸付です。審査の結果、貸付決定しない場合があります。

 

【関連情報】 

厚生労働省「新型コロナウイルス感染症の影響で収入が減少し生活に困窮する方へ

このリンクは別ウィンドウで開きます(厚労省のページに飛びます)

東京都社会福祉協議会「新型コロナウイルス感染症の影響による休業や失業で、生活資金にお困りの方々へこのリンクは別ウィンドウで開きます(東京都社会福祉協議会のページに飛びます)