東久留米市地域福祉計画(基本理念「新たな“つながり”づくり」)に基づき、平成27年度から市受託事業として西部地域(小金井街道西側の地域)に地域福祉コーディネーターを1名配置しています。
 現在整備されている福祉制度では解決できないような、個別のお困りごとや地域及び住民組織等の抱える課題の深刻化を防ぐため、個別の困りごとの相談や困りごとの解決に向けた支え合いの地域づくりを進めています。
 ご近所でいつもと様子が違うなと感じること。気になるけど、どこに相談したら良いかわからないことなど、お気軽にご相談ください。
2019.04 csw flyer


地域福祉コーディネーター事業案内チラシ(PDF/349KB)

【地域福祉コーディネーターの主な役割】
①個別支援(一人ひとりのお困りごとの相談と解決に向けた支援)
既存の制度では対応できない課題に対し、専門機関との橋渡しや地域で協働して解決するための支援をします。
例:平成30年度の主な個別支援
〇 希死念慮(死を願う状態)がある方の支援者(市民)への対応
〇 ひきこもり支援(地域でのボランティア活動のつなぎ支援)
〇 母子世帯の子の自立に向けた相談
〇 家賃減免申請の対応
・・・など、ご自宅等に職員が訪問してご相談を受け付け、解決に向けて支援しています。









②地域支援(専門機関、地域住民とともに協働して解決する仕組みづくり)

地域住民や関係機関とネットワークをつくり、住民の生活課題を一緒に考え、解決する仕組みづくりをします。
 例:平成30年度の主な地域支援
〇 弥生地区「住みよいまちづくり」に向けた集い(年6回、防災講演会、秋まつり)
〇 滝山団地地域情報連絡会議(UR・日本社会事業大学・自治会・包括・NPO団体等・社協)
〇 東久留米市シニアクラブ連合会と社協の打ち合せ(シニアクラブの友愛活動と社協の小地域福祉活動との連携)

【弥生地区「住みよいまちづくり」に向けた集い】(モデル地区:弥生一丁目、二丁目)

yayoi area maturi
子どもから大人まで、楽しく顔の見える関係をつくる」ため弥生地区で初の「秋まつり」を開催(平成30年11月)


 平成27年、地域福祉コーディネーターが活動を展開する市内第1号のモデル地区を弥生地区に定め、アンケートと懇談会を実施。「自治会加入の有無に関係なく、顔がみえる関係があるとよい」「定期的に弥生地区のことを話し合える場があるとよい」との声から、定期的(2か月に1回)に集い、懇談する場(井戸端会議)を開催しています。

①弥生地区「住みよいまちづくり」に向けた集い(定例会)・・・とは
tiikikaiketu
 平成30年度は、市防災防犯課長より弥生地区における防災対策、災害時要援護者避難支援計画について講話いただき自助と共助の取り組みを検討しました。また、顔の見える関係をひろげるため、地区で初となる「秋まつり」を企画運営。企画準備会を含めて計15回の会合・イベントに延べ272人の住民が参加しました。


yayoi_area_mt.JPG
                               顔を合わせ お茶を飲みながら 井戸端会議

 定例会には、弥生地区の皆さまのほか、多摩の里けやき園・東久留米市役所(福祉総務課、防災防犯課)・東久留米消防署・西部地域包括支援センターなどの職員も参加しています。弥生地区の皆さま、ぜひお気軽にご参加ください。(事前申込不要)

弥生地区「住みよいまちづくり」に向けた集い 平成30年度の取り組み(PDF/340KB)

②令和元年度の定例会開催日:6月を除き、午前10時から正午(予定)
6月16日(日)、8月18日(日)、10月20日(日)、12月15日(日)、令和2年2月16日(日)
・場所:社会福祉法人園盛会 多摩の里 けやき園 1階 地域交流スペース(弥生2‐1-18)

【参考資料】
  ・弥生地区 基礎資料(乳幼児、小・中学生、高齢者、障がい者、避難者等人口/2019年4月作成)(PDF/132KB)
  ・弥生地区 地図(弥生一丁目、二丁目世帯数、自治会エリア/2019年4月作成)(PDF/1,093KB)
  ・弥生地区「住みよいまちづくり」に向けた集い 平成31年度 第1回定例会(第13回)報告(PDF/567KB)
  ・弥生地区「住みよいまちづくり」に向けた集い 平成31年度 第1回定例会(第13回)出席者アンケート(PDF/KB)

【問い合わせ】
東久留米市社会福祉協議会
はぁとふるーむ くるめ
住所   八幡町2-7-61八幡町地区センター1階
開所日  毎月第1・3木曜日 午前9時から午後4時まで(祝日を除く)
電話   042-420-6351(開所日以外は社会福祉協議会事務局につながります)