arrow「ミニデイホーム・子育てサロン活動」とは

市民が主体となり、日中孤立しがちな一人暮らし高齢者や障がい者、乳幼児を抱える親などを対象に、趣味・健康・交流活動を通じて顔の見える関係を創り、お互いの思いやりが循環する地域に開かれた継続的な「集いの場」です。生きがいづくりや閉じこもり防止になり、また、近所に顔見知りが増えることによって地域全体で支えあう意識を高めるきっかけになることを目的としています。

自宅の一室や集会所、福祉施設の一室など、地域の様々な場所で開催しています。

 社協ではミニデイホームや子育てサロンの立ち上げや運営の側面的支援をしています。参加してみたい人、運営やボランティアとして関わることにご興味がある方は、下記までお気軽にご相談ください。空き家や空きスペースの貸し出し情報もお待ちしています!

arrow「ミニデイホーム・子育てサロン活動」登録制度

令和3年度登録:ミニデイホーム 16団体、子育てサロン 3団体

各団体の情報は、ボランティア市民活動検索(https://www.higashikurume-shakyo.or.jp/org-search.html)でご覧になれます。

※コロナ禍では、活動内容を変更している場合があります。

以下の活動基準を満たしているグループは、社協のミニデイホーム・子育てサロンに登録することができ、さらに一定の条件のもと運営費や活動費の一部を補助します。

※不特定多数の市民の集いは、ミニデイホーム・子育てサロンとして登録できません。ボランティアグループ・団体登録等をご検討ください。

【共通基準】

①活動内容を広く市民に公開できること(社協ホームページ等で情報公開できること)。

②定期的に(月1回以上)集まりを持ち、趣味、生きがい、健康づくり、相談、見守り合い、交流などの支援が継続的に行われるものであること。

【ミニデイホーム】

①原則として参加者数は、顔の見える関係が作れる程度(概ね5名以上20名以内)であること。

②原則として参加者は、活動場所まで徒歩で集える範囲内に居住している者であること 。

③特別な事情(サポート体制やスペース上受け入れ困難な場合)を除き、参加を希望する方を常時受け入れていること。

④スタッフや参加者が運営に主体的に関わっていること。

⑤自主財源(会費、参加費など)を有していること。

【子育てサロン】

①乳幼児とその親で支援を必要とするものに対するプログラムであること。

②遊び、健康、相談のほか、子の一時預かりなど必要な支援が行われるものであること。

③原則として、地区の住民グループまたは個人によってサービス提供が行われるものであること。

④スタッフや参加者が運営に主体的に関わっていること。

◆登録すると、こんな特典があります。

①社協事業(研修や連絡会、懇談会等)についての情報を随時配信します。積極的にご活用ください。

②情報交換・情報共有を目的とした「登録団体懇談会」(年1回以上開催予定)に参加できます。

③一定の条件に基づいた「補助金」の申請をすることができます。

④社協の広報物やホームページ等に登録サロンの名称・開催場所や開催時間、活動内容等を公開し、各種行事の案内や参加者及び協力者の募集などができます。

◆登録に必要な書類 ※詳しくはお問い合せください。

・令和3年度「ミニデイホーム・子育てサロン」登録制度のご案内(PDF

・団体情報登録申請書【様式第1号】(PDF

・活動計画表【様式第2号】(PDF

・実施報告書【様式第3号】(PDF) ※活動終了後1か月以内に提出してください。

arrow令和3年度 地域福祉活動補助金(ミニデイ・子育てサロン活動)

歳末たすけあい募金 地域福祉活動補助金により、運営費や活動費の一部を補助します。また、補助金の交付には審査があります。

【目的と趣旨】

東久留米市内における地域福祉を推進するため、市民が地域の福祉的な課題に関心を持ち、その解決のために協力しあいながら「より安心して心豊かに暮らせる地域づくり」に向けて取り組む活動に対し、必要な資金の一部を補助するものです。

補助金交付各団体の詳しい情報は、はねっと(https://hanett.akaihane.or.jp/hanett/pub/home)を参考ください。


(1)既存の活動に対する補助 

第1回 申請期間:2月1日(月)~3月10日(水) 午後5時まで ※郵送のみ受け付け、必着。 終了しました

    決定団体:PDF

第2回 申請期間:7月7日(水)~8月31日(火) 午後5時まで ※郵送のみ受け付け、必着。

コロナウイルス感染対策補助金は こちら

【対象団体】

・市内を活動拠点としている住民主体によるミニデイホーム・子育てサロン

・社協会員(年額1,000円以上)に加入していること

・社協に団体情報を登録し、広く市民に活動内容を公開できること

【事業実施期間】令和3年4月1日~4年3月31日までに実施する事業

【補助金額】上限8万円 その他条件があり

【募集要項・各種様式】 下記よりダウンロードしてください。その他、令和3年度団体登録が必要です。

緊急事態宣言の期間中は郵送で配布します。他は社協事務局及び中央町地区センター窓口で配布します。

・令和3年度 第2回 歳末たすけあい募金 地域福祉活動補助金(ミニデイホーム・子育てサロン活動) 募集要項 PDF

・令和3年度 第2回  歳末たすけあい募金 地域福祉活動補助金(ミニデイホーム・子育てサロン活動) 様式(まとめ) PDF

・申請書記入要領及び記入例集 PDF

(個別でのWordでの様式が必要な方向け。上記様式PDFに含まれています)

・【様式1】補助申請書 Word

・【様式2】収支予算書 Word Excel

・【様式4‐①、4‐②】会員名簿、役員名簿 Excel

・【様式5】実績報告書 Word

・【様式5関連】活動実績表 Word

・【様式6】収支決算書 Word

・【様式6関連】ありがとうメッセージ Word

・【様式7】変更・中止・廃止届 Word

・口座振替依頼書 Word

(参考)

・ミニデイ・子育てサロン 登録・補助金申請 提出書類 チェックリスト PDF

・歳末たすけあい募金 地域福祉活動補助金(ミニデイホーム・子育てサロン活動)決定一覧 PDF

【個別相談会】※予約制

期間 7月7日(水)~8月20日(金) 平日午前9時~正午、午後1時~4時

場所 社協会議室(予定)

予約 電話 042-475-0739 ファクス 042-476-4545


(2)新規の活動に対する補助

■限度額 5万円まで

■補助割合 補助対象経費の全額(実費額の範囲)

まだ一度も開催したことがなく、これからはじめるミニデイ・子育てサロンの立上げ準備資金の一部を補助します。必ず、第1回目を開催をする前にご相談ください。

【問い合わせ・連絡先】

東久留米市社会福祉協議会 地域福祉担当

 電話 042-475-0739