市内で事業所等を経営・受託している社会福祉法人が、『お互いに力を合わせて、誰もが住みやすく、安心して暮らせる地域づくりに寄与する』ことを目的に、東久留米市内社会福祉法人連絡会を設立しました。

専門分野が異なる社会福祉法人同士が力を合わせて、福祉ニーズを把握し、多様な地域課題を解決するために、市内23法人が3つの分科会(情報交換交流・広報・事業検討)のいずれかに所属しています。わたしたちはこの分科会活動を通して互いの強みを発見し、ここで生まれるつながりを存分に活かした地域公益活動を組み立て、実行し、広く地域社会に返すことを目標に活動をすすめます。

この取り組みの1つとして、広報紙 創刊号を発行しましたのでご覧ください。

【問い合わせ】

東久留米市内社会福祉法人連絡会 

事務局 TEL 042-471-0294

私たちが暮らす地域の中では、各種(高齢者・障がい者・子ども・生活困窮者等)の福祉制度やサービスの充実が図られたとしても、生活上の困りごとに対して活用されていない場合や、既存のものでは対応できず、制度の狭間にある様々な困りごとがあります。

社協では「暮らしの中で見えなくなりがちな困りごと」を暮らしの中で解決ができる地域づくりを着実にすすめるため、事業計画を策定しました。

詳しくは「誰もが差別や排除をされず 困りごとを解決する地域づくり (小地域福祉活動)」をご覧ください。

 


【問い合わせ】
小地域福祉活動 担当
203-0033滝山4-3-14 わくわく健康プラザ2階
東久留米市社会福祉協議会 ボランティアセンター
電話 042-475-0739 ファクス 042-476-4545

 


ふれあいサービス(有償家事援助事業)では、新型コロナウイルス感染予防のため、利用会員、協力会員のそれぞれに検温や手洗い、マスクの着用などのご協力をお願いしています。
発熱や体調不良がある場合や、緊急事態宣言が発出された場合など、助け合い活動を中止することがあります。
利用会員と協力会員、そして大切なご家族の命と安全を守るため、新しい生活様式に合わせた助け合い活動へのご協力をお願いいたします。

くわしい内容は、こちらをご確認ください。

問い合わせ ふれあいサービス担当 電話042-473-0294

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、新型コロナウイルスへの感染がボランティア保険の補償の対象になりました。

 詳細は、(有)東京福祉企画(取扱代理店)のホームページをご覧ください。 

(有)東京福祉企画 URL http://www.tokyo-fk.com/

diffence
社協では、新型コロナウイルス感染症の感染防止対策として、相談室及び全ての受付カウンターにアクリル製のパネルを設置しました。このパネルは、氷川台自治会にて作製いただきました。ご協力ありがとうございます。
来所された方と職員が相互に飛沫感染することの防止が期待できます。今後も引き続き感染拡大の防止に向けた取り組みを行ってまいります。

 

【問い合わせ】
東久留米市社会福祉協議会