ボランティア・市民活動を多くの方々に理解していただくために、講演会や講座などを開催しています。
本会主催の講座以外に、関係団体との共催事業も開催しています。

arrow講座の開催

平成31年度 第1回防災情報交換サロン
 
 

わたしたちの住む地域に「今あるチカラを見つけ合うこと」をテーマに、防災という課題に向かって活動するひと・団体の横のつながりを作ることを目的とした防災情報交換サロンを開催します。

日 時:4月19日(金)午後2時~4時半 開場:午後1時半
内 容:
(1)話題提供「避難者が安心して生活できる避難所について」 講師 助け合おう避難所の会
   代表 土居 靖 さん
(2)参加者同士の情報交換、共有
(3)その他
会 場:東久留米市役所1階 市民プラザホール (本町3-3-1)
参加費:無料
会場協力:東久留米市環境安全部防災防犯課
※申し込みは不要です。直接会場へお越しください(定員40人)

H31bosai1
チラシPDF(912kb)

<助け合おう避難所の会とは>

  20190405minnanohinanjo2 20190405minnanohinanjo3

    
助け合おう避難所の会は、災害発生時に開設される「避難所」にて、配慮を必要とする方々のサポートを研究・実施することを目的とし、2019年1月に設立されました。主な活動として、発災時に孤立する人を生み出さないために何が大切かを考えるため、「赤ちゃんとお母さんの安心避難のために」「ペットとの安心避難のために」等のテーマで現在は月に1回勉強会を行っています。

○助け合おう避難所の会(社協ボランティアセンター登録団体)
代  表 土居 靖
定期活動 避難所開設時のスペシャルニーズに対応する為の勉強研究会(月1回程度)
年 会 費 500円
フェイスブック 「助け合おう避難所の会」で検索
問 合 せ  電話 050-6874-9484 メール このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。



 ~活動実績~
20190405minnanohinanjo1
みんなの安心避難所!勉強会 
みんなで助け合おう 災害発生の時、配慮の求めに応えるために
Step1 赤ちゃんとお母さんの安心避難のために
テ ー マ    地域避難所立ち上げ訓練の現状について
講  師  防災まちづくりの会・東久留米 代表 郷野 正臣 氏
日  時  3月17日(日)午後4時~6時
参加者数  28人(スタッフ含む)
場  所  東久留米市生涯学習センター 集会学習室2


防災情報交換サロンに関する問合せ(主催)
東久留米市社会福祉協議会ボランティアセンター
電話 042-475-0739
ファックス 042-476-4545

大人のチャレンジボランティア講座 参加者募集

ボランティアの基本について学んだあと、実際に福祉施設等でボランティアを体験できる大人のチャレンジボランティア講座を開催します。

[講座スケジュール]
①日時:10月7日(日)午前10時~11時
 会場:わくわく健康プラザ2階 社協会議室(滝山4-3-14)
②日時:10月29日(月)午後1時半~2時半
 会場:中央町地区センター(中央町6-1-1)第3・4会議室
講座を受講後、「おとなのチャレンジボランティア講座 ボランティア受け入れ施設・団体プログラム一覧」(pdf.1,009kb)より希望する活動先を選んでいただきます。

[参加費]
無料
※活動前にボランティア保険(300円)に加入していただきます。
[申し込み]
各講座開催3日前までに電話(042-475-0739)、ファックス(042-476-4545)、メール(このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。)にて氏名・年齢・住所・電話番号をお知らせください。

講座受講生の声
○これからは、気持ちさえあれば自分の身近な場所で
   ボランティア活動ができるのではないかと思います(70代・女性)

○市内で気持ち良く生活できるのも、多くのボランティアの見えない努力
 があるのを痛感しました(50代・男性)

○「30分でもいいからはじめてみるとよい」と言われ気持ちが楽になった(50代・女性)
参考:平成29年度 大人のチャレンジボランティア講座アンケート集計(pdf.158kb)

空き時間を活用して何か始めたい方、ボランティアに興味はあるけど活動を始めるきっかけがなくて困っていた方、この機会にボランティアを始めてみませんか?
講座の詳細は、大人のチャレンジボランティア講座 チラシ(pdf.490kb)をご覧ください。
20181001charevola1 20181001charevola2



とことん「はじめての体験」をたのしむ夏・
チャレンジボランティア講座

平成30年度チャレンジボランティア講座
 
チャレンジボランティア講座のご案内(494KB)

ボランティアセンターと福祉施設やボランティア団体が協力し、
これからボランティアをしてみたい人の活動をサポートする講座です。
 
「ボランティアって何?」「どんなことをやるの?」
初めての人でも安心して活動できるように詳しく説明します。

ボランティアについて学んだ後は、高齢者福祉施設や障がい者福祉施設、
保育園、ボランティア団体等の活動を紹介します。
(参加対象者:小学校4年生以上の児童・生徒・学生)

◆ チャレンジボランティア参加の4つのステップ

ステップ1 「ボランティア受け入れ施設・団体プログラム一覧」を確認する。
平成30年度チャレンジボランティア講座プログラム
 
 
各施設や団体の受け入れ日時や年齢制限などの詳細をまとめたプログラムをご確認ください。
プログラムは、や中央町地区センターでも閲覧ができます。
※活動時間は最短で半日から。施設団体ごとに日数、時間等の指定があり、自由に選択ができます。
※受け入れ施設によっては年齢制限等条件がありますので事前にご確認ください。

※平成30年度 チャレンジボランティア講座 受け入れ施設・団体プログラム一覧
   修正・追記(7月3日(火)更新)

プログラム2ページ 2番    

社会福祉法人 竹恵会 介護老人福祉施設 けんちの里

修正前 特に募集するイベント 8/5(日)納涼祭

修正後 特に募集するイベント 8/12(日)納涼祭

プログラム3ページ 3番

社会福祉法人 竹恵会 老人デイサービスセンター パレ・フローラ

修正前 特に募集するイベント 8/10(金)、11(土)夏祭り手伝い

修正後 特に募集するイベント 8/11(土)夏祭り手伝い

詳しくは、(修正版)平成30年度 チャレンジボランティア講座 ボランティア受け入れ施設・団体 プログラム一覧(PDF.1,103kbをご確認ください。

 また、久留米みのり保育園での活動に関して、8月8日(水)~10日(金)、13日(月)~15日(水)に関しては、申込人数が定員に達しましたので締め切らせていただきます。残りの活動可能日は、8月16日(木)、17日(金)となりますのでご注意ください。



ステップ2 ボランティア講座を受講する

ボランティアの心がまえや受け入れ施設をくわしくご紹介します。初めてボランティアをする方や
講座受講が必須の受け入れ施設・団体での活動をご希望の方は、下記のいずれか一日に必ずご参加ください。

第1回:7月1日(日)午前9時~10時
 場所:わくわく健康プラザ2階 社協会議室

第2回:7月15日(日)午前9時~10時
 場所:中央町地区センター 第3・4会議室

参加費:無料(予約不要)

ステップ3 活動の申し込みをする(講座参加者のみ受付)

第1回:7月1日(日)午前10時半~11時
場所:わくわく健康プラザ2階 社協会議室
 
第2回:7月15日(日)午前10時半~11時
場所:中央町地区センター 第3・4会議室
保険料:300円(ボランティア保険料)

ステップ4 活動にチャレンジする

期間:8月1日(水)~31日(金)
場所:市内福祉施設、ボランティア団体の活動場所
※当講座は小学校4年生以上の児童・生徒・学生でボランティア活動をしてみたい方が対象です。
大人向けの講座は秋頃実施の予定です。

             ボランティア講座・ボランティア体験後の感想
● 講座をきっかけにいろんなことにチャレンジしていきたい。(中学2年生・女子)
● ボランティアの話は毎年聞いているけれど、やっぱり「何かをしたい」と思って行動するのはすごく大切だと思った。(中学1年生・女子)
● ボランティアについてとてもよくわかりました!ボランティアは自分も相手も笑顔になれたり、人と人が助け合うことのできる、すばらしいものだと思います!(中学2年生・女子)
● ボランティアとは何か、ボランティアをして相手はどういう気持ちになるのかを知れたのでよかったです。(小学5年生・男子)
 
◆ よくあるご質問(Q&A)
 
Q1 ボランティア講座に出席できない(または、申し込み日を過ぎてしまった)がボランティアをしたい。
A1 講座に参加していなくてもボランティア活動の受け入れを検討してくれる施設がありますのでプログラムをご確認ください。その際は、ボランティア活動を希望する施設等にご自身で直接連絡して調整していただくことになります。

Q2 講座の前に「申込書類」はもらえませんか。
A2 「申込書類」は講座受講後にお渡しするため事前にお渡しできません。

Q3 ボランティア講座受講の際、小学生の子の付き添いに親が一緒にいてもよいですか。
A3 お子さま1人での受講がご心配な場合は、ご一緒に会場へお入りいただいてかまいません。

Q4 部活や塾があり講座の申込みに行けない。代理でも大丈夫ですか。
A4 お子さんの代理として親御さんや友達等による申し込みはお断りしています。参加を希望するご本人によりお申し込みください。

Q5 毎年体験に参加していて今年も参加したいが、講座に出ないと申し込みはできませんか。
A5 講座に参加していなくてもボランティア活動の受け入れを検討してくれる施設がありますのでプログラムをご確認ください。その際は、ボランティア活動を希望する施設等にご自身で直接連絡して調整していただくことになります。

Q6 学生ではないが参加したい。どうしたらよいか。
A6 大人向けのボランティア講座及び体験は、9月以降に開催を予定しています。詳しくは市報やホームページをご覧ください。夏休み期間中に参加したい場合は、ボランティア活動を希望する施設等にご自身で直接連絡して調整していただくことになります。

問い合わせ
東久留米市社会福祉協議会ボランティアセンター
TEL 042-475-0739

arrow公開講座)東久留米災害ボランティアの会フォローアップ講座

東久留米災害ボランティアの会
市民スタッフの技術や知識の向上、連携の強化を目的としたフォローアップ講座を開催します。
saigai volla 11.19 1


















 


講座チラシ
(PDF
790kb 
 
【日時】
 11月19日(月)
 午後7時~9時(開場:午後6時半)  

【会場】

 東久留米市役所1階市民プラザホール(本町3-3-1) 

 【対象】 

市内在住・在勤で本講座のテーマに関心のある方

  

【申し込み】

 11月9日(金)までにメール・電話・ファックス(pdf.429kb 

いずれかの方法にてお申し込みください。

  

【定員】

 50人(先着) 

  

【参加費】

 無料 

  

【主催・申し込み・問い合わせ先】

東久留米市社会福祉協議会ボランティアセンター 

電話 042-475-0739

ファックス 042-476-4545 

メール このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 【講師】

減災と男女共同参画 研修推進センター 共同代表 

早稲田大学地域社会と危機管理研究所 招聘研究員

浅野 幸子氏 (あさの さちこ)

プロフィール

阪神・淡路大震災に際して学生ボランティアから国際協力NGOのスタッフとなり、在宅避難者・仮設住宅・全焼地域の復興支援などに4年間従事。その後、()消費生活研究所などで事務局・研究員として勤める。この間、働きながら法政大学院修士課程修了(政策科学修士)。2011年に発足した東日本大震災女性支援ネットワークの活動に参加。2014年より、後継団体の減災と男女共同参画 研修推進センター 共同代表。主な分野は地域防災。各地で、防災講演・講座・研修を行いながら、「避難所運営ガイドライン」(内閣府・2016)はじめ、国・自治体の防災政策にも関わる。

【東久留米災害ボランティアスタッフの会 市民スタッフとは?】

市民スタッフとは、災害時に地域復興を担うボランティアです。

平常時には 

①お互いに助け助けられる(受け入れる)関係をつくる

②地域福祉を知る(身近な地域の人)

  ※協力者・要援護者を把握など 

③関係機関とつながる

④災害ボランティアセンター立ち上げ訓練や普及活動に協力する 

発災時には

⑤状況に応じた災害ボランティアセンターの運営を担う 

  

市民スタッフ養成のための講座は次年度も開催予定です。

詳細を知りたい方・次年度の養成講座に参加したい方はボランティアセンターまでご連絡ください。 

今年度実施の様子は、平成30年度 市民スタッフ養成講座アンケート集計結果(PDF223kb)をご覧ください。



arrow平成30年度 第1回防災情報交換サロン

わたしたちの住む地域に「今あるチカラを見つけ合うこと」をテーマに、
防災という課題に向かって活動するひと・団体の横のつながりを作ることを目的とした防災情報交換サロンを開催します。

日 時:8月24日(金)午後2時~4時半 開場:午後1時半
内 容:(1)話題提供「マンションにおける在宅避難について」
           ビューハイム武蔵野自治会 防災部
   (2)参加者同士の情報交換、共有                   
   (3)その他
会 場:東久留米市役所1階 市民プラザホール(本町3-3-1)
参加費:無料
協 力:防災まちづくりの会・東久留米
会場協力:東久留米市環境安全部防災防犯課
※申し込みは不要です。直接会場へお越しください(定員40人)
チラシPDF(318kb)
20180824bousaijoho
問い合せ(主催)
東久留米市社会福祉協議会 ボランティアセンター
電話    042-475-0739
ファックス 042-476―4545



arrowボランティアの養成

気づいてみればボランティア 教えて私にできること

くるめボランティア・市民活動フェスタ2019

市民のボランティアや市民活動への参画推進と、団体同士の交流促進を目的として開催します。
当日は、市内の福祉施設やボランティア、市民活動団体など計24団体がそれぞれの個性や特徴を活かした体験の場や募集の展示、講演会を行います。
ボランティア参加や市民活動づくりを相談できるブースやボランティアセンターの出張相談もあります。
「ボランティアを始めたいんだけどどうすればいいのかわからない」「新しく地域の人が集まれる場をつくりたい」方など、じっくりお話ししませんか!? みなさまぜひ会場にお越しください!
  DSCN8509  DSC 3670

大人気!るるめちゃんとくるみちゃん!

20190310chirashi
チラシPDF

・日  時  3月10日(日)午前10時~午後3時
・会  場  東久留米市役所1階 市民ひろば              
・企画運営  くるめボランティア・市民活動フェスタ2019実行委員会
・主  催  東久留米市、東久留米市社会福祉協議会、東久留米まちづくりサポートセンター
【市民プラザホール】
10:00 開会式
10:15~ オープニング 光が人を魅了する/自由学園ヲタ芸グループ「Prasma(プラズマ)」
サイリウムダンスパフォーマンス、通称ヲタ芸をしていますPrasmaです!ヲタ芸は曲に合わせた光のパフォーマンスです。また、人前だけではなく動画を撮影しYouTubeに投稿をしたりして活動しています。私たちが魅せる光にぜひ魅了されてください!

10:50~ 赤い羽根ぬりえコンテスト&チャレンジボランティア感想文コンクール表彰式/社会福祉協議会
赤い羽根共同募金ぬりえコンテストとチャレンジボランティア講座感想文の各作品をホールに展示しておりますのでご覧ください。

13:00~ まちサポ講演会/東久留米まちづくりサポートセンター(詳細は下部をご覧ください)

【ボランティア募集団体PRステージ】
午前11時~ トモダチは外国人/東久留米国際友好クラブ
外国人との交流に興味のある方はご連絡ください。

11:30~ 備えて命を守る/防災まちづくりの会・東久留米
災害に強いまちをみんなで作ろう

12:00~ 緑を大切にすることが東久留米のわき水を守る/東久留米自然ふれあいボランティア
「私たちは毎週、市内雑木林の保全活動を行っています。一緒に活動していただける方を募集しています。保全活動にご興味のある方の見学や、ちょこっとボランティア体験など大歓迎です。集合場所には黄色いボランティア用のぼりを立てますので声を掛けてください」活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

12:30~ クラスに外国からのお友達が入ってきたら・・・/虹のひろば~外国につながる子どもサポートの会~
日本で生活する外国につながる児童生徒が、気持ちよく学校生活を送るよう日々支援しています。支援してくださる方を募集しています。

13:00~ 株式会社山水 スポーツゴミ拾い出発式
参加希望者は午後0時30分に屋内ひろばへ集合!(少雨決行)
「ゴミ拾いはスポーツだ!」
スポーツゴミ拾いは4人1組で定められたエリア内で力を合わせてゴミを拾い、その質と量をポイントで競い合う、
環境に最もやさしいスポーツです。ルールも簡単なので、お子さんからご高齢者までどなたでも楽しめます。
ご家族、お友だち、サークルの仲間、地域や会社の仲間同士で参加してみませんか。
スポーツ感覚でゴミ拾いを楽しみながら、一緒にわたしたちの東久留米市をもっと美しい街にしましょう。
 事前申込制!詳細はちらしをご覧ください。※定員に空きがあれば、当日参加も可能です。
spogomi2019
チラシPDF

14:00~ 株式会社山水 スポーツゴミ拾い結果発表
上位入賞チームには素敵なプレゼント!参加賞もあります。

【ワークショップ】
11:00~11:30 かるたdeくるめ@ボラ活/東久留米まちづくりサポートセンター
まちづくりの活動に興味をお持ちの方は、まちさぽに入会して一緒に学びながら東久留米について考え、行動してみませんか。

11:30~12:30 はじめての「バルーンアート」/バルーンアートサトル
つくってみよう!はじめてのバルーンアート
IMG 7314

 
午後1時~2時半 魔法のトイレを作りませんか/東久留米市赤十字奉仕団
携帯トイレを作って持ち帰りましょう!おうちでの非常用トイレを備蓄しましょう。

【体験・展示ブース】
“AED”ってきくけど、AEDとはなんだろう?/東久留米CPR友の会
「あなたの勇気で命が救える」家族、友人知人、あなた自身のためにも応急手当を勉強しませんか。
 IMG 7135

乗ってみよう!福祉車両~車いすで乗降体験~/特定非営利活動法人 地域福祉ネット・結
福祉車両を使って移動サービスをしています。外出がむずかしくなってきた高齢の方や障がいをおもちの方のお手伝いを私たちといっしょにしませんか。
IMG 7308

学びの多様なニーズを知って!知って!展/発達支援サークルで・こぼ
発達支援サークルで・こぼでは、発達障がいなど様々な場面で多様なニーズをもつ子どもたち、そして保護者の方を支える活動を一緒に行っていただけるサポートチームのチーム員を募集しています。

文字でおしゃべり、聞こえない人と/聞こえに困っている人とサポーターの会「ひよこ」
聞こえない人へのサポートのしかたを学びましょう。聞こえに困っている方の相談にも応じます。

こま・ブンブンごま・ストラップをつくろう!/特定非営利活動法人 生活支援グループ夢来夢来 地域交流事業
私たちと一緒に、楽しみながら、自分だけのこま、ブンブンごま、ストラップを作ってみませんか。

地域のみんなでつくる集いの場、あなたも参加しませんか/ミニデイホーム・子育てサロン有志
市内約20か所で、ご近所の仲間同士が定期的に集まって過ごしています。新しくつくるも良し。仲間が増えれば毎日がきっともっと楽しくなりますよ。ぜひお立ち寄りください。

避難所(ひなんじょ)!どんなところかわかりますか!/助け合おう避難所の会
避難所は、災害が発生した時に開設され、多くの方々が来所され共同生活が始まります。その時、お手伝いが必要な方々へのサポート方法を一緒に考えませんか。

備えて命を守る/防災まちづくりの会・東久留米
災害に強いまちをみんなで作ろう

ゆるキャラと踊ろう!東久留米音頭/東久留米盆踊りサークル
東久留米音頭を普及・保存・伝承をボランティアで活動しています。新入会員は随時募集。年齢・性別は問いません
IMG 7393
 
スライムをつくろう!/子どもボランティア
市内の生徒・学生がボランティアでスライム作りを実施します。あなたも一緒に作りませんか?

緑を大切にすることが東久留米のわき水を守る/東久留米自然ふれあいボランティア
木の実やシュロの葉を使った人形やふとん叩きを作りましょう

【自主制作品等販売ブース】
手づくりパン、焼き菓子の販売/社会福祉法人チャレンジャー支援機構 パン工房モナモナ
障がいを持っている方達の就労支援施設でパン・焼き菓子の製造販売をしています。イーストフードを使用せず素材を大切に天然酵母等を使いパンを作っています。

手づくりジャム・レジンの販売/社会福祉法人マザアス 就労継続支援B型事業所マザアス
社会福祉法人のマザアスが清瀬に障がいのある方の就労支援事業所をつくりました。そこで毎日ジャムやレジン、ドレッシング、カレー作りなどの作業をしています。

とん汁・おにぎり等の販売/ボーイスカウト東久留米第2団
こんにちは!ボーイスカウト東久留米第2団です。小学1~2年生のビーバー隊、小学3~5年生のカブ隊、小学6年生~中学3年生のボーイ隊、高校生のベンチャー隊と各年齢に分かれて野外活動、奉仕活動などを行っております。

にんじんのパンケーキ販売/東久留米子ども食堂ネットワーク(こねっと)
様々な事情から一人で食事している「孤食」や十分な食事がとれないお子さん、多忙な仕事のために調理する時間のない家庭等があります。子ども・地域食堂は地域のおじさん・おばさんと一緒に楽しくおいしく食事をして、地域のつながりを深めようと開催されています。東久留米では「こねっと」を構成する「ほんむらっこ食堂」「東久留米にこにこ食堂」「東部こども食堂」「滝山ふれあい子ども食堂」「ゆいまぁる子どもカフェ」の5つが活動しています。

【じっくり相談コーナー】
ボランティア総合相談・ボランティア保険加入手続き/東久留米市社会福祉協議会ボランティアセンター
ボランティアに関する相談の他、安心してボランティア活動を行うためのボランティア保険の加入手続きも実施します。

身近な場づくりの相談/氷川台自治会(平成30年度あしたのまち・くらしづくり活動賞内閣総理大臣賞受賞)
自治会活動の一環で、住民主体の「身近な場づくり」に日々取り組んでいます。
これから地域づくりに取り組みたいとお考えの方、じっくりお話ししましょう。ぜひお立ち寄りください。(10時~正午まで)

活動先の紹介・相談/市内高齢者福祉施設有志
身近なボランティア活動先の1つである高齢者福祉施設のボランティア受け入れ担当者が、活動の始め方や様々な活動を紹介してくれます。

【スポごみ大会inボラ活】
4人1組で、制限時間内に、定められたエリア内で力を合わせてゴミを拾い、その質と量をポイントで競い合う、環境に最もやさしいスポーツです。
ルールも簡単なので、お子さんからご高齢者までどなたでも楽しめます!ご家族、お友だち、サークルの仲間、地域や会社の仲間同士で参加してみませんか?
スポーツ感覚でゴミ拾いを楽しみながら、一緒に私たちの東久留米市をもっと美しい街にしましょう!
時間:12:30         参加希望者集合(屋外ひろば L字型看板付近)
   13:00~13:30   出発式
   13:30~14:00   ゴミ拾い
   14時~14:30     スポごみ大会結果発表

【まちサポ講演会 みんなdeシェア~はじめの一歩は「場づくり」から~】
ボランティアしたいけど、どうしたら?ボランティアを募りたいけど、来てくれるかな?カギは「場づくり」にあります。初めての方でも参加しやすく自分の力が発揮できる・・・そんな活動にするためには何が必要か、そして続けていくために大切なことを、みんなで考えてみましょう。

20190310osada
講師 特定非営利活動法人れんげ舎    
代表理事 長田 英史(おさだ てるちか)氏
1972年、神奈川県茅ケ崎市生まれ。
1990年より「子どもの居場所づくり」に関する教育活動に参加。
まだNPO法人格も存在しない当時、大学卒業後は就職せず、
活動を仕事にしたパイオニアな存在。現在46歳だが、既にこの道28年。
講座・研修・コンサルティングなどは、東京・神奈川を中心に全国で年間150回以上にのぼる。
時間 13時~14時半(開場12時半)
会場 東久留米市役所1階 市民プラザホール
費用 500円(資料代として)
申込 ①東久留米まちづくりサポートセンター
    電話 090-1045-3006(担当・山永(やまなが))
   ②東久留米市生活文化課
    電話 042-470-7738(受付8時半~17時 土日・祝日を除く)
締切 3月3日(日)(定員の50人に達した場合、締切前に受付を終了する場合があります)


(くるめボランティア・市民活動フェスタに関する問い合わせ)
東久留米市社会福祉協議会ボランティアセンター
電話 042-475-0739
東久留米市生活文化課 
電話 042-470-7738
東久留米まちづくりサポートセンター
電話 090-1045-3006
 

 

 arrow福祉学習の支援

①ボランティアスクール
市内小中学校、高校からの要請に応え、福祉学習等へゲストティーチャー
として

職員の派遣、ボランティアグループの紹介を行います。

 

平成30年度ボランティアスクール活動例 様式 

H30ボランティアスクール活動事例(317KB)

②チャレンジボランティア講座(上記参照)

arrowボランティアグループ等との協働

①地域協働事業(クリックで地域協働事業のページへ)

【問い合わせ】
東久留米市社会福祉協議会

ボランティアセンター
TEL 042-475-0739
FAX 042-476-4545